聞いたことはあるけど、使ったことがない。使い方がわからない。

そういった方も多いかと思います。

 

マーキングフィルムを施工する際に必要な転写シートのことを指します。

アプリケーションテープや転写シート、リタックシートなどと呼ばれることもあります。

 

仕様については大きく2種類のタイプがあります。

 

【透明フィルムタイプ】

・無色透明のフィルムで、レイアウト時の位置決めが容易で施工が簡単。

・粘着面に剥離フィルムがついており、一人での作業でも取扱いがしやすい。

 

和紙タイプ

・和紙の性質を持っているので、浸水性がよく、水を吹き付けることにより、

マーキングフィルム圧着後の剥離がスムーズ。

・透明に比べ、柔軟性があり曲面への転写に向いている。

・剥離フィルムがないが、透明に比べ巻き数が多く、安価。コストパフォーマンスに優れたタイプ。

 

それぞれ特徴があるので、用途に合わせて使い分けてもいいですが、

最近だと和紙タイプを使う方が多いです。

さらに粘着も弱粘着・中粘着・強粘着とあり、お好みに合わせて選べます。

 

今回は実際に和紙タイプを使ってみました。

 

まずはカス取りが終わったマーキングフィルム

 

このフィルムに対してアプリケーションテープを貼っていきます。

この時にスキージーを使ってしっかり圧着させていきます。

スキージーをパワーアップ!

 

圧着が不十分だと対象物に貼る際にうまく剥離できずに失敗した…

なんてことになりかねないので、しっかりと圧着しましょう!

次に余分な部分をカット

 

カットが終わったらいよいよ貼っていきます!

貼り込む前に清掃を忘れずに!

マスキングテープ等で貼る位置を仮止めし

 

しっかりスキージーを使って圧着します。

しっかりと…

あと少しです…

 

最後に圧着したアプリケーションテープをゆっくり剥がすと…

きれいに剥がれました!これで完成です!

 

慣れていないうちは難しいかもしれませんが、慣れてくるときれいに貼ることができるので、

ぜひお試しください。

 

商品のご購入はこちらから
ご購入はこちらから