今回はスカンディアモスで時計を作ってみました。

準備するものは

 

 

 

 

 

 

 

 

スカンディアモス、時計キット、ボンド、文字盤代わりに使用する板、フレーム

今回は暗めのグリーンが良かったので、モスグリーンを選びました。

時計キッドは某大手通販サイトに1000円程度で売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市販の時計ではボルトの長さが短いため、モスを付けた時に短針と長身にぶつかって
上手く稼働しない可能性があるので長めの物を用意してください。

ちなみにこれは16mmの物になります。

 

 

文字盤代わりになる板には、加工のしやすいコルクボードを選びました。
中心の穴開けやカットも楽にできるのでお勧めです。

 

 

早速作業に移っていきます。

まずは、好みの形とサイズに板をカットし、中心に時計キットを刺す穴をあけていきます。

入る事を確認出来たら、ボンドでモスを貼りつけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、針にぶつからないか確認しながら長さを調整していく事を忘れずに。

全体にモスを貼れたら、バランスを見てさらにモスを追加します。
モフモフとした見た目が特徴の一つでもあるので、ふんだんに使うと良いです。

最後に、短針・長針・秒針の順に針をつければ完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おうち時間が増えている昨今、自分好みのお部屋作りにモスを是非ご使用ください。

 

商品のご購入はこちらから
ご購入はこちらから